編みもの × 子ども。 ニット制作「ura」。
by ura-knit
オリジナルハンドメイドニット
ura

子ども
長女
ブログでの愛称「バブー」
(2011年11月生まれ)
次女
ブログでの愛称「チィ」
(2014年10月生まれ)


過去のブログ
uraura
March2012~July2013
カテゴリ
日々
girl バブー
girl チィ
girls バブー&チィ
craft & cook バブー
craft & cook チィ
knits あかちゃん
knits いろいろ
knits agneau & ura
sewing
craft & cook バブー&チィ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...
ブログジャンル
フォロー中のブログ
片付けたくなる部屋づくり
しずく堂の活動日誌
FU-KOなまいにち
おいしいは嬉しい
外部リンク
カテゴリ:日々( 257 )
ピクトグラム
e0326145_21572994.jpeg
e0326145_21575030.jpeg
e0326145_22001732.jpg

神宮「にこにこパーク」のトイレがいい感じ。


by ura-knit | 2019-05-06 22:59 | 日々 | Comments(0)
こども服の修繕
編みかけや縫う予定の生地、それとお直しの必要な衣類を放り込んで手近に置いているかごがある。
そこに穴のあいてしまったバブーのタイツを持っていったら、今日チィが着ていたワンピースが乗っかっていた。
?、と思って聞いたら、「みぎのそでに あながあいちゃったの」と言った。

繕って着る、は原始的で、人によっては笑っちゃう行為(「買い換えればいいのに」)だとは思うが、あのね、貧乏くさいとかじゃなくて直せるかどうかのゲーム感とか、可愛く直せたときの満足感が楽しいのよ、とひっそり思っていた。
余った毛糸やお義母さんから引きついだ刺繍糸なら際限なくあるし(笑)。
最近はダーニングブーム(?)に乗って、ダーニングマッシュルームまで揃えてしまった。

穴を報告するチィの顔は、「わたしのワンピースをやってもらえるチャンスがきた♥」とキラキラしていて、
私の密かな楽しみと思ってたことを君たちも楽しんでいるのか!と感じて嬉しかった。

by ura-knit | 2019-03-26 07:00 | 日々 | Comments(0)
392
e0326145_22432860.png

大好きなニットデザイナー三國万里子さんのツイッターの写真に「いいね」をしようとしたら、なんと現在392いいねだった。

以前、フレンチの三國清三シェフの店で働いており、あるとき社長(三國シェフ)がシャレで「392円メニューを作ろう」と言いだして、それは実現した。
ミクニで一緒だったみんな、元気かなあ。

by ura-knit | 2019-03-25 22:52 | 日々 | Comments(0)
公園にて
e0326145_22373900.jpeg

バブーの友だちのおじいさまは2年くらい前から雑草を調べるのが趣味だそう。

これは「すずめのかたびら」。

趣味のことを嬉しそうに話すお顔、いいなあ。

シワの深い指はそのおじいさまの手です。


by ura-knit | 2019-03-20 22:39 | 日々 | Comments(0)
平成もあとわずか
e0326145_07184293.jpg

半蔵門を通りかかったら、これから陛下が通られる、というので待つことにした。
天皇陛下としてお見かけするのもこれが最後かと思うと、感謝の気持ちでご挨拶したくなったので。
特別に天皇崇拝の気持ちがあるわけじゃないが、つねづね人々の幸せと平和を願う気持ちをあれほど体現されるお人にはやはり「感謝」しかない。

カメラを向けてまともに顔も合わさないのもなんなので、写真は事前にパチリ。
開いた半蔵門を撮った。

美智子様は和装で、本当に美しく、その奥(運転席うしろ)からお顔をのぞかせる陛下の気品といったら。
昔は神様といわれていたことを思い出した。
今はみなこぎれいにしていられる時代だが、町の整備も身なりもそれなりだった当時にあっては同じ人間には見えなかったただろうなあ。

ご挨拶といっても、できることは笑顔でお見送りするのみ。
美しい微笑みにおなじく静かな微笑(おなじなわけないが。イメージでは)で手を振った。
その私の手が、指をぴったり合わせて手首から先だけそっと揺する皇室スタイルに自然となっていて、誰も見ちゃいないが恥ずかしくなった。

by ura-knit | 2019-03-10 07:18 | 日々 | Comments(0)
園庭
e0326145_23213638.jpg


幼稚園の園庭は猫のひたいほどの狭さなんだけど、
花や野菜がたくさん育てられている。
梅も咲いてるし沈丁花も香っている。


e0326145_23221590.jpg

by ura-knit | 2019-03-05 23:21 | 日々 | Comments(0)
2月22日
e0326145_02442661.jpeg



にゃんにゃんにゃん。ねこの日。

by ura-knit | 2019-02-22 21:03 | 日々 | Comments(0)
春はあけぼの
枕草子は教科書で読んだことしかない。
でも、一般の認識同様、風情ある美しい言葉だと思う。

うちの二人の娘の名前は、つなげると「春はあけぼの」になる。
(もちろんそのまんまではない。曙って。横綱でもあるまいし。)
直接なぞらえたわけではないが、考える過程でそうなることに気づいた時、
候補の名前がぐんと魅力的に思えてポイントアップしたのは確かだ。
そうしたからには、いつか枕草子を読まないといけないと思いながらも読んでいない。

このたび興味深い講義を見つけたので観てみた。
深夜に少しだけ観るつもりが、のめり込んで一気に観てしまった。
詳しくは知らないが美しいと思った、その気持ちに正直で正解だった。
そして知れば知るほどもっと面白がれるらしい。
登場する「たられば」さんが、悶絶しながら話すオタクぶりが素晴らしい。
大人が勉強するって本当にワクワクで楽しい。

by ura-knit | 2019-02-20 06:53 | 日々 | Comments(0)
やっと平常運転の日々がみえてきた。
バブーの風邪は長引き、おとといようやく登校できた。
私も週末高熱で倒れてまだ回復途中。

昨日は敷きっぱなしだった布団のシーツをやっと洗えて、
掃除機もかけられてせいせいした。
食事はふたりとも未だままならない。
でももうひといきってとこまできた。

by ura-knit | 2019-01-18 06:55 | 日々 | Comments(0)
2019
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の目標、とな。

今年は年女、心機一転のつもりで姿勢を正してしゃきっといきたい。
毎日7時間眠りたい。
uraのニット、作品の大小問わず年間50編みたい。
おかあさん業にもっと本気で取り組みたい。
ほぼ日手帳を使いこなしたい。
本、文字を読みたい。(エッセイでも文学でも)
なんでも「すぐやる」。

大小さまざま思いつくままに並べてみた。
まとまりきらないまま、年明けすでに4日目を迎えています(笑)。
これが今年の正体か?
ざわざわそわそわ、些細なことに気をとられながらなんとか毎日を渡り歩くのか。
ならば些細なことが毎日をつくると心得よう。
どんな小さなことでもできたことを見逃さないで喜ぼう。

by ura-knit | 2019-01-04 07:20 | 日々 | Comments(0)