編みもの× 子ども。  ニット制作「ura」主宰
by ura-knit
「40歳は、惑う。」
けっこう前の、ほぼ日の記事だが
読むととても沁みる。
今日ひさしぶりに読んだ。

私は、40代と育児と専業主婦が
ほぼ同時にはじまったので、
いろいろな変化が年齢のためなのか違うのか、
よくわからない。

もしなんの状況の変化もなく
40代を迎えたとしても、
それまでの経験や成果をもとに
自信にあふれた平穏な毎日を送っていた
はずもなく、
まだまだというか、ますます、あらたに
もがいてもがいて考えるのが40代なんだと
これを読むと思う。

今の暮らしは、育児が大半で
社会とは疎遠になったような、
なにかがストップしているような感じがある。
でもママとして暮らすのはとてもクリエイティブで
知恵とアイデアと勉強と決断の繰り返しで、
ごまかしはきかないので
自分をどんどんシンプルに解析する毎日だと
強く感じる。

こうやって、自分をしっかり耕すことは、
これからの人生を豊かにするために役に立つと思う。
深みのある、おもしろい大人になりたいもんだ。

育児がひといきついたとき、
私どんなジャンプをするのか。

大きなジャンプ、小さなジャンプ、
まだジャンプのタイミングをはかるのか、
どんなジャンプかまだまだ探すのか、
ジャンプはしないで軽やかなステップでいくのか。

そうやって飛んだ先に
おばあさんの私がいる。
飛ぶための足もとが、40代。

40代を「ちゃんと」生きよう、と思う。

by ura-knit | 2017-07-31 23:59 | 日々 | Comments(0)
<< 100文字日記 「8月1日」 100文字日記 「こまったちゃ... >>